しゃかりきかりき

桜舞う私の心舞うー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そんなこんなで神無月

はい、こんばんは。最近めっきり寒くなったと思うウルスラ球児です。

ここ最近の気温の下がり具合には参ってしまいますね^^;
ついこの前まで半袖一枚で過ごせてたのに、今は長袖じゃないと肌寒いですから。
まぁ、10月は衣替えの季節ですからちょうどいいのかもしれませんね♪

さて、今日から10月、旧暦で表すと神無月と呼ばれるわけですが。
皆さんは神無月の名前の由来をご存じでしょうか?
これは、漢字から想像されるような中世の俗説と、今の有力説の2つがあります。

まず、中世の俗説の方なのですが。
漢字からも読めるように、神無月はなわけです。
このことから、地方を含めた全ての神様が出雲大社に赴くため、
神様がいなくなる月が10月であることから神無月と名付けられたとされる説です。

まぁ、そうすると一か所だけ神無月ではない場所が出てくるわけですが。
そう、出雲国ですね。
出雲国では逆に10月のことを神在月と呼ぶそうで。
場所によって違うとはちょっと面白いですよねww

さて次に現在の有力説の方ですが。
こちらはちょっとした国語の力が必要となります。
神無月というのは当て字で書き直すと神な月と書きます。
その後、この「な」格助詞の「な」という風に解釈します。
格助詞の「な」は、今で言うところの「の」と同じ働きですから、
神な月は神の月という解釈が出来ます。
さらに、もともとは10月は神を奉る月であることからも、
この説が有力だと考えられています。

その他にもいろいろな説があるのですが、
その辺りはご自身で調べてみるのも面白いかと思います♪
こういう言葉の歴史を紐解いていくというのはなかなか楽しいものですよwww
ちなみに水無月も同様だと考えられているようです。

といったところで今日の更新はシメですね。
全くネギま関係の話してないな、最近。




↑これならパクリにならないはずww
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。